Blog

2021/02/11 00:32

野生のコーヒーには、リム(エチオピア産)、ヤルガッチャフェ(エチオピア産)、キリマンジャロ・ゴマタ・スジ(タンザニア産)の3種類があります。



コクがあり、酸味と力強い味わいがお好みの方には・・・

パンチの効いた味がお好きな方には、白いパッケージの『アンドロメダ・エチオピアコーヒー・リム』が良く選ばれています。リムはエチオピアの原生林で育った100%フォレストコーヒー。人の手が全く加わっていない、現代では希少となった原生林に生えるコーヒーの木から産出されます。そのダイナミックな味わいと香り、強めの酸味、力強いエネルギーが多くのリピーターを持ちます。

スッキリとした透明感のある飲み口がお好みの方には・・・

アンドロメダ・エチオピアコーヒーヤルガッチャフェは、NPO KOMAが野生のコーヒーの輸入を始めた2001年当時のエチオピア大使のお勧めであるセミ・フォレストコーヒーです。シェード・ツリーの配置(一緒に生えているバナナの木の木陰にコーヒーの木を配置し木陰をつくる)や刈り入れ程度に人の手が加わっています。無農薬、化学肥料不使用の農法は同じで、最近ではイルガチャフ、イルガッチャフ等の名称で日本でも以前にも増してポピュラーとなっているヤルガッチャフェ。野生のコーヒーのヤルガッチャフェは、NPO KOMAのエチオピアにおける深い信用から、最高品質の豆の中からさらに選りすぐりの豆を送っていただいているそうです。えぐみの少ない軽やかな味わいは、飲みやすいと人気です。


癒しのエネルギーと高級感のある爽やかさをお求めの方には・・・

キリマンジャロの麓は、癒しの地といわれています。キリマンジャロ山から約160km離れたゴマタ地域のスジ村の農園で育ったキリマンジャロ・ゴマタ・スジコーヒーは、上品で繊細な味わい。めったに入荷できないため、5年がかりでやっと輸入が叶ったという貴重なキリマンジャロです。お疲れ気味の方は是非リフレッシュに、特におすすめのコーヒーです。


おいしい野生のコーヒーをネット通販で!

野生のコーヒーくまじまみのり